INFORMATION


IAbM(知的資産経営)とは


知的資産経営(Intellectual Assets based Management)は、人を起点にした価値づくり

企業価値の創造の源泉として、どんな企業でも知的資産を持っているはずなのですが、目に見えくいために、旧来の価値判断の指標の陰に隠れてしまっている場合がほとんどだと思います。それらの知的資産を「見える化」し、企業価値創造に向けて知的資産を活性化させていく活動が「知的資産経営」です。



2019年度開催のお知らせ


知的資産経営の専門家育成を目的とした「エヴァンジェリスト育成実践コース」2019年度の開催が決定いたしました。開催概要についてはこちらのページにて2019年1月より随時公開いたします。早期申込、更新情報の連絡登録も受付中です。


IAbM研修【現在開催中】


「目に見えにくい資産」を抽出し、可視化する技術に加え、知的資産経営の専門家である我々が今まで蓄積してきた実践的な知識やスキル、豊富な実例をベースに「知的資産経営[IAbM]エヴァンジェリスト」の育成を行うコースです。


メンバー紹介


一般社団法人IAbM総研では、実践型シンクタンクとして、知的資産経営の導入と活用を推進しています。メンバーは、企業経営者、各士業の専門家、民間コンサルタント等各界で活躍中です。チームとしての課題取組みも大事にしています。