IAbMレポート開示事例


IAbMレポートについて

 「知的資産」とは、バランスシートに記載されている有形資産以外の無形財であり、企業における競争力である人材・技術・技能・知的財産権(特許・ブランド等)・組織力・経営理念・顧客とのネットワークなど、財務諸表に現れてこない、目に見えにくい経営資源の総称です。

 「IAbMレポート(持続的成長に向けた知的資産経営報告書)」とは、知的資産を含むすべての資産を企業価値としてとらえ、SDGs等の長期的戦略目標を設定し、目標達成のために新たなビジネスモデルを構築し、移行戦略を実行するための指針を明示するものです(IAbM:Intellectual Assets based Management)。

 株主、債権者、顧客、従業員といったステークホルダーに対し、自社の価値創造プロセスを成文化することによって、企業の将来に関する認識の共有を図ることを目的とします。

 


2021年12月

株式会社フィスコ(環境調査業)

-農林水産業の発展と自然環境との調和を目指してー

 弊社は、水棲生物及び水質・底質の調査研究事業を営んでまいりました。

 SDGsの高まりのもと、水質調査を通じて河川・港湾の生態系の保護のための分析提案を心掛け、アサクサノリ等絶滅危惧種の復活に寄与することを目標としています。

ダウンロード
持続的成長に向けた知的資産経営報告書
IAbMレポート_フィスコ_Ver1.1.pdf
PDFファイル 2.7 MB